庭・野山 夏の草花(1)
双子葉合弁花類1
メニュー
TOP
機材
ブログ
未同定
頂き物の画像



庭・野山
哺乳類
爬虫類

・昆虫
 チョウ甲虫
 バッタカマキリ
 ハチアリ
 ハエアブ
 カメムシその他

クモムカデ他
貝類

・植物
 春の草樹木
 夏の草樹木
 秋の草樹木
 冬の草木
 寄生植物その他
 シダコケ

地衣類
キノコ変形菌
未分類



池・川

爬虫類両生類

エビ カニ
貝類

昆虫 
 甲虫・カメムシ他
 トンボ

植物
 水草他植物
 (アカウキクサ)
 (ミジンコウキクサ)
 (イチョウウキゴケ)

微小生物
未分類



海・浜辺



甲殻類
 エビヤドカリ
 カニ他甲殻類

棘皮動物
貝類ウミウシ
 (クロアワビ)
昆虫
その他動物

海藻
 (アマモコアマモ)
海浜植物
珪藻微小生物



  1     

◆ キク科
サワギク Nemosenecio nikoensis
高さ60〜100cm。
山中の湿っぽい場所に生える。
花期は5〜8月、直径12mmほどの黄色い頭花を枝先に多数つける。

2016.5 s-tg  5月上旬、まだ開花していなかった。
オオアレチノギク Conysa sumatrensis
ブラジル原産の越年性草本。茎は高さ0.8〜1.8mになる。
花期は翌夏から秋。総苞は径3〜4mm
大正末期に東京で気づかれた。

2009.8 sn
舌状花はほとんど総苞内にあり目立たない→
ヒメムカシヨモギ Erigeron canadensis
北アメリカ原産の越年性草本。茎は高さ1〜2mになる。
夏から秋に発生し、ロゼットを形成して越冬するものが多く、花期は翌夏から秋。
頭花は直径約3mm、舌状花は白色。
日本には明治初期に入り、短期間で全国に分布を広げた。

同じように大型になるオオアレチノギクは舌状花の舌状部が線形。

2009.8 sn
ウラジロチチコグサ Gnaphalium spicatum
南アメリカ原産の多年草。
高さ80cmになる。
葉の裏や茎に密着した白毛を布き白い。
花期は夏。頭状花は茎の上部に集まる。
昭和40年代後半に知られるようになった。

2009.5 i
オオヒキヨモギ Siphonostegia laeta
低山のやや乾いた草地にはえる一年草。
茎は30〜70cmに伸びる。
花期は8〜9月。
近似種にヒキヨモギあり。

2007.8 su
ハンカイソウ Ligularia japonica
高さ0.7〜1.5mになる多年草。静岡県以西の本州、四国、九州に分布する。
花期は6〜8月。頭花は直径10cmほど。
豪壮に直立する姿を中国漢代の武将ハンカイに例えての名。

2004.5 am
ハルシャギク Coreopsis tinctoria
別名ジャノメギク。
北アメリカ原産の一年草。
茎は高さ60〜120cmになる。
花期は夏〜秋。頭状花は直径3〜4cm。

2007.7 s
オオキンケイギク Coreopsis lanceolata
北アメリカ原産の多年草。
高さ30〜70cm。
花期は初夏。頭状花は直径5〜7cm。
明治中期に導入、栽培されたものが広く野生化し、河川敷や道路沿いなどに大群落をつくる。

2006.5 i
ヒメジョオン Erigeron annuus
北アメリカ原産で世界中に広く帰化している1または2年草。高さ1.5m程になる。
江戸時代末期に観賞用に導入され、柳葉姫菊(やなぎばひめぎく)などの名で呼ばれた。明治年間から日本各地に帰化し、現在では全国にごく普通に見られる。漢字では姫女苑と書く。

2003.6 s
コヤブタバコ Carpesium abrotanoides
山野の林内に生える高さ0.5〜1mの2年草。
茎は太く、よく枝分かれし、下部には白い軟毛が密生する。
花期は7〜9月。枝先に緑白色の頭花を下向きにつける。頭花の直径1.5〜1.8cm。

2003.9 ik
ヤブタバコ属の1種(サジガンクビソウ?)
茎や葉には毛が生えている。高さ40cmほど。
枝先に緑白色の頭花を下向きに1個つける。

2003.7 i
タカサブロウ Eclipta prostrata
やや湿り気のある道端などに生える、高さ20〜70cmの1年草。
茎や葉には剛毛があってざらざらする。
花期は7〜9月。頭花は直径約1cm。

2003.7 su
ムラサキニガナ Lactuca raddeana
山地の林縁に生え茎は高さ0.6〜1.2mになる多年草。
花期は6〜8月。花の長さ1.2cm、下向きに咲く。

2004.7 s
 
キツネノマゴ Justicia procumbens
道端などに普通に見られる高さ10〜40cmの1年草。
花期は7〜10月。花の長さは約8mm。

2003.7 su


白い花もある →
ツルニガクサ Teucrium viscidum var. miquelianum
山地の木陰に生える多年草。
茎は高さ20〜40cmになる。葉には長さ1〜2cmの柄がある。
花期は7〜9月。長さ3〜5cmの花序に、長さ8〜10mmの花冠をつける。
ツボミにはヒゲブトグンバイの虫えい(虫こぶ)が見られることもある。
近似種にニガクサあり。
ツボミ虫えい 虫えいの中にいるヒゲブトグンバイ幼虫
2008.8 ko
イヌトウバナ?
萼(がく)白い毛が生えている。

2003.7 i
クルマバナ
明るい草原に生える。高さ30〜80cmになり、7〜10月に花冠の長さ8〜10mmの花をつける。
花が輪生することからこの名がついた。

2003.7 s
ヘクソカズラ
日当たりのよいやぶや草地にに普通に生える、つる性の多年草。
花期は7〜9月で、長さ約1cmの花をつける。
茎や葉をもんだり、つぶしたりすると悪臭を出すためにこの名がついた。

2003.7 y

直径約5mmの果実は初冬に黄褐色になっている。’03.12→
コナミキ Scutellaria guilielmi
シソ科の小さな植物。花の長さ5mm程度で目立たない上、生えている所も少なく、意識して見ないと気づかずに通り過ぎてしまうだろう。

2003.6 na
アマチャヅル Gynostemma pentaphyllum
山地やヤブなどに多いつる性の多年草。
茎葉に朝鮮人参と同じ成分を含むことがわかって一時ブームになった。
花期は8〜9月。直径約5mmの黄緑色の花を総状につける。

2007.9 i
スズメウリ
原野や水辺などに生えるつる性の1年草。
葉は長さ3〜6cm、幅4〜8cm。
花期は8〜9月、花冠は直径約6mm。雌雄同株で雄花と雌花をつける。雄花は花の下に緑色の子房がある。
写真は雄花。

2003.8 s

直径約1cmの果実(2003.12)→
キカラスウリ
つる性の多年草。カラスウリに似るが、葉はざらつかず光沢がある。果実は黄色い。
地下に大きな塊があり、これから澱粉をとり天瓜粉として子供の汗知らずに用いられた。
7〜9月、夕方から翌昼頃まで花を咲かせているのを見る。

2003.8 y
キカラスウリの果実。長さ約10cm。(1月) カラスウリの果実は赤くなる。長さ約6cm。
ミゾカクシ
別名アゼムシロ。
田の畦(あぜ)などに生える高さ10〜15cmの多年草。
茎は細く、長く地面をはってのび、節から根を出して増える。
花期は6〜10月、花冠の長さは約1cm。
名は溝を隠すように繁栄することによる。

2003.7 i
クマツヅラ
山野や道端に生える高さ30〜80cmの多年草。
全体に細かい毛が生える。
花期は6〜9月で、直径約4mmの淡紅紫色の花をつける。

2003.7 or
ハエドクソウ
林の中などに生える高さ30〜70cmの多年草。
花は穂状につき、白色から淡紅色。つぼみは上向きだが、開花すると横を向き、果期には下を向く。花期は7〜8月、花冠の長さ5〜6mm。

2003.7 i
アメリカアゼナ Lindernia dubia (L.) Pennell subsp.major Pennell
北アメリカ原産でアジアや南ヨーロッパに帰化している。
水田などのやや湿り気のある場所に生える。茎は基部でよく分岐して高さ10〜30cmほどになる。
葉には長楕円形で縁に低い鋸歯を有する。
1936年に兵庫県の西宮市で採集され、現在では北海道から沖縄まで広く分布している。

2003.12 i
 
1     

淡路島の生き物たち3 

inserted by FC2 system