庭・野山 シダ(1)
メニュー
TOP
機材
ブログ
未同定
頂き物の画像



庭・野山
哺乳類
爬虫類

・昆虫
 チョウ甲虫
 バッタカマキリ
 ハチアリ
 ハエアブ
 カメムシその他

クモムカデ他
貝類

・植物
 春の草樹木
 夏の草樹木
 秋の草樹木
 冬の草木
 寄生植物その他
 シダコケ

地衣類
キノコ変形菌
未分類



池・川

爬虫類両生類

エビ カニ
貝類

昆虫 
 甲虫・カメムシ他
 トンボ

植物
 水草他植物
 (アカウキクサ)
 (ミジンコウキクサ)
 (イチョウウキゴケ)

微小生物
未分類



海・浜辺



甲殻類
 エビヤドカリ
 カニ他甲殻類

棘皮動物
貝類ウミウシ
 (クロアワビ)
昆虫他
その他動物

海藻
 (アマモコアマモ)
海浜植物
珪藻微小生物


胞子植物のうち最も高等な一群でシダ類ともいう。植物体は根、茎、葉の区別を持つ。光合成を行う維管束植物。
日本に雑種を含めて約1,000種があり、淡路島では135種(1996年)が記録されている。
  1 

イヌドクサ Equisetum ramosissimum
茎の径3〜5mm。
本州以南の草地、河原や土手、海浜に生える。

川の土手に群生していた。

2006.6 i
トクサの1種
谷間に1本だけ生えていた。
高さ10数cmだったか?

2005.6 s
トウゲシバの1種
葉の縁に鋸歯がある。胞子嚢(のう)は葉の基部にあり二枚貝状。

2005.4 i
ヒメクラマゴケ Selaginella heterostachys
赤土の崖や岩陰などに生える。
春から夏に、葉の混み合った茎が地面をはう。
この他に夏から秋には胞子をつける茎を直立させる。

2003.9 i
ヒカゲノカズラ Lycopodium clavatum
名前にヒカゲという文字がついているが、陽光を好む。

2002.11 ka
スギナ Equisetum arvense
ツクシはスギナの胞子茎のことで、おひたしにして食べられる。
日本では漢字で「土筆」と書き、中国では「筆頭菜」と書くそうだ。

2003.3 s
ヒトツバ Pyrrosia lingua
葉は厚くて硬い。乾いた樹幹や岩に群生する。

2003.2 y

ソーラス(胞子嚢群)を葉の裏にびっしりとつける。
クリハラン Neocheiropteris ensata
葉は表から脈が浮き出て見える。

2003.5 s
ミツデウラボシ Crypsinus hastatus
葉がよく成長すると3つに分かれる。

2003.4 s
イノモトソウ Pteris multifida
人家の近くに多い。ソーラスは葉縁にできる。

2003.1 y
カニクサ Lygodium japonicum
一枚の葉がつる状になって他の植物などに巻きつく。
葉のように見えているのは、左右に分岐した羽片。

2003.1 y
イワガネソウConiogramme japonica
羽片は大きく、写真手前の羽片は30cmを超えていた。

2003.2 y
イワガネゼンマイ Coniogramme intermedia
イワガネソウに似ている。

2003.2 i
マツザカシダ Pteris nipponica
葉縁にソーラスをつける。林の斜面などでよく見かける。

2003.2 y
オニヤブソテツ Cyrtomium falcatum
葉の表面に光沢がある。
淡路島では海岸から山まで普通に見られる種。

2003.1 to
ヤブソテツ Cyrtomium fortunei
オニヤブソテツに比べ、葉は薄く光沢が少ない

2003.2 i
ノキシノブ Lepisorus thunbergianus
石垣や古木によくついている。
ソーラスは大きい。

2003.1 os
マメヅタ Lemmaphyllum microphyllum
葉は多肉質で、木や石に張り付くように着生する。

2003.2 y
ヘラ形の胞子葉が別に立ち上がる
シシガシラ Blechnum niponicum
栄養葉とは別に、胞子葉という長い柄を出し穂をつけてソーラスを形成する。

2003.2 i
 
  TOP

淡路島の生き物たち3 

inserted by FC2 system