庭・野山 チョウ(1)
メニュー
TOP
機材
ブログ
未同定
頂き物の画像



庭・野山
哺乳類
爬虫類

・昆虫
 チョウ甲虫
 バッタカマキリ
 ハチアリ
 ハエアブ
 カメムシその他

クモムカデ他
貝類

・植物
 春の草樹木
 夏の草樹木
 秋の草樹木
 冬の草木
 寄生植物その他
 シダコケ

地衣類
キノコ変形菌
未分類



池・川

爬虫類両生類

エビ カニ
貝類

昆虫 
 甲虫・カメムシ他
 トンボ

植物
 水草他植物
 (アカウキクサ)
 (ミジンコウキクサ)
 (イチョウウキゴケ)

微小生物
未分類



海・浜辺



甲殻類
 エビヤドカリ
 カニ他甲殻類

棘皮動物
貝類ウミウシ
 (クロアワビ)
昆虫他
その他動物

海藻
 (アマモコアマモ)
海浜植物
珪藻微小生物


  1 

 ◆アゲハチョウ科
アゲハ(春型)
開張80mm(夏型は120mm)。
季節的に2〜3の型(春型、夏型、秋型)が明らかになっており、サイズと翅(はね)の色の濃さが違う。これには気温、湿度、食草が関係する。
左写真の個体は海岸に来ていたもの。近くに生活排水が流れていたので吸水に来たのか。

2003.4 s
キアゲハ(夏型)
開張120mm(春型は開張90mm)。
アゲハよりも翅(はね)の黄色が濃い。
幼虫はニンジン、ミツバ、パセリにつくが、ミカン科の葉も食べる。

2003.7 i
2015.6 i 幼虫
モンキアゲハ
開張110〜140mm。
山地に多く、活発に飛び花の蜜を吸う。赤い花によく来る。
左写真は海岸で撮影したもの。流れ込む川の水を飲んでいた。

2003.5 s
アゲハチョウの1種
カラスアゲハ?
ミヤマカラスアゲハという似た種がいる。

2011.6 am
ナガサキアゲハ(メス)
開張110〜140mm。
南日本に多い。
この辺りで見られるものは、後ろ羽に尾状突起と呼ばれる尾のように突き出た部分がない。(日本の)南に行くと尾状突起のあるものも多くいる。
1824年にシーボルトが長崎で採集・発表した。
写真では羽の付け根の赤い紋でこの種の雌であることがわかる。

2003.10 u
クロアゲハ
開張100〜120mm。
林の中など、暗い場所で、木の間をぬって飛ぶ。
4〜11月にみられる。

2003.8 s
ジャコウアゲハ(メス)
開張100〜110mm。
雌は雄より色が薄い。
緩やかに飛び、ヤブガラシなどの花にくる。
地面に降りて吸水することはないという。
幼虫はウマノスズクサを食べ体内に毒をためる。

2003.8 i
2015.5 y 体に赤い部分が多い→
アオスジアゲハ(夏型)
開張70〜90mm。
翅(はね)の青いところには鱗粉(りんぷん)がない。
活発ではやく飛ぶ。
後翅腹部のへりの形と毛の有無で雌雄の判別ができる。
夏型は青い帯が春型よりも細い。

2003.8 s
 ◆シロチョウ科
スジグロシロチョウ(夏型)
別名スジグロチョウ、ウスモンシロチョウ。
開張60。モンシロチョウより少し大きい。
林や谷沿いの日なたと日陰の入り交じった所に多い。

2003.7 i
モンシロチョウ
開張55mm。成虫は赤紫色に反応する。翅(はね)を動かす速度は1秒間に約9回。
幼虫はキャベツ、ダイコン、アブラナなどの葉を食うため害虫扱いされている。

2003.4 i
ウスキシロチョウ Catopsilia pomona
開張70mm前後。
沖縄以南に生息するチョウで、本土には迷蝶として現れる。

複数個体確認された。

2010.7 y
キチョウ
開張25mm。
野原や林などに見られ、低いところを飛んでいる。
山道を歩いていると、草陰にとまっているものが飛び出してくることがよくある。
写真は日暮れ時、寝る場所を確保してじっとしている個体。

2003.8 i
モンキチョウ
開張50mm。日当たりのよい草地や畑でよく見られる。花にとまるときはピタリと翅を閉じる。複眼は黄緑色。
年に4、5回発生する。

2003.4 i
 ◆マダラチョウ科
アサギマダラ
開張100mm。
ひらり、ひらりと舞うように飛ぶ。
飛んでいる姿は美しい。
秋になってよく見かけるようになった。
花の蜜を吸っているときはハネに少し触っても逃げなかった。

2003.10 y
 ◆テングチョウ科
テングチョウ Libythea celtis
開張48mm。
林のまわりや谷川の縁などにいる。
下あごのヒゲが長く、天狗(てんぐ)に見立てての名。

2004.7 s
2016.5 s 
幼虫はエノキにつく
 ◆タテハチョウ科
キタテハ(秋型)
開張60mm。葉や路上によくとまる。
年4回発生し、成虫のまま越冬する。花、樹液を好む。
秋型はハネのまわりのギザギザが鋭い。

2003.10 s
アカタテハ
開張67mm。
成虫で冬を越し、冬でも飛ぶ。
雌雄、季節による模様や形の変化はほとんどない。
幼虫はカラムシやヤブマオなどの葉で巣をつくる。

2003.9 i
ヒメアカタテハ
開張55mm。
春から夏にかけては少ないが、秋にはあちこちで見かける。
地面によくとまる。

2003.7 s
ルリタテハ
開張63mm。
林の近くを直線的に早く飛ぶ。
春はタンポポや桜の花、夏は樹液、秋はカキやイチジクの実などにくる。
写真の個体は、風の強い夕方に枝にとまって羽を開いたり閉じたりしていた。

2003.7 y
イシガケチョウ(オス)
開張55〜60mm。
軽やかに素早く飛ぶ。
幼虫はイヌビワやイチジクなどにつく。
写真は休耕田に吸水にきたもの。

2003.7 i
ゴマダラチョウ Hestina japonica
開張70mm。
エノキの周りを飛び、クヌギやヤナギなどの樹液にくる。
幼虫はエノキにつく。
成虫は5〜9月に出現する。

2006.7 i
コミスジ Neptis sappho
開張45〜55mm。タテハチョウ科。
ゆっくりと舞う。幼虫はハギ、クズ、ニセアカシアなどにつく。

2003.7 i
2012.7 i
コムラサキ(オス) Apatura metis
開張65mm。
オスのハネは見る方向によって紫色に輝く。
成虫は5〜9月に出現。クヌギやヤナギなどの樹液にくる。
幼虫はヤナギ類を食べる。

2010.9 i
ミドリヒョウモン Argynnis paphia
開張60〜70mm。
樹林やその周りに住む。各種の花にくる。
幼虫はタチツボスミレ、ツボスミレなどを食べる。


2009.6 ko
メスグロヒョウモン(オス) Damora sagana
前翅長36〜40mm。
メスのハネは黒っぽくオスの色彩や斑紋と著しく異なる。
成虫は6〜7月に出現し、盛夏に夏眠し、秋に再び活動するので、初夏と秋に目につく。
各種の花を訪れる。
幼虫はスミレ類を食べる。1齢幼虫で越冬。
ツマグロヒョウモン(オス)
開張70mm。
ひらけた草原に多い。色々な花にくる。
暑さに強い。雌は前羽の表の先が黒い。

2003.8 i
メス 夜は草にぶら下がって休んでいる↑

   1  TOP

淡路島の生き物たち3 

inserted by FC2 system